カードローンローンの審査内容は?

消費者金融の審査…嘘の年収はバレる?

消費者金融の審査で嘘の年収はバレるのでしょうか。これはまあ、バレると思っておいたほうがよいでしょう。ちょっと真面目な話をしますと、消費者金融からお金を借りることができるのは、あなたに信用があるからです。信用のおけない人に誰がお金を貸したりするでしょうか。ところで、嘘をつくような人をあなたは信用しますか。おそらくは、しないと答える人が多いのではなかろうかと予想されますね。それは消費者金融も同じです。嘘の年収を申告してくるような人を消費者金融は信用しません。結果的にお金を借りられなくなる、それもその1回だけではなく、将来的にも、また他の消費者金融や銀行からであっても、お金を貸してくれなくなる可能性があります。まあ、よほど悪質なものでもない限りこのような話はただの脅しにしかならないケースが現実的には多いかも知れませんが、その可能性はあるということです。
ところで、では実際に嘘の年収はどうやってバレることになるのでしょうか。人の年収など、本人でさえ正確には把握していないことが多いものです。消費者金融審査でどうやって嘘の年収だと分かるのでしょうか。これは、端的には、年収を証明する書類の提出が求められることがあるからです。源泉徴収票などを見れば、年収は1円の単位まで丸裸であり、嘘が通る余地などありません。
一方で、そのような証明書類の提出が求められないようなケースは、そもそも年収の多少の誤差など審査に影響することはないということです。つまり、嘘をつく意味がありません。